ホーム > 特注対応品 > デザイン雑貨 > 特注 HINOKI マルバツゲーム(Tic-Tac-Toe)
広島県産 ヒノキ の利活用で開発した特注品です。

【商品説明】

殆ど勝敗が付かない古くからある マルバツゲーム
恋人と海辺でやった人も多いと思いますが、懐かしみながら永遠に引き分ける時間を楽しんでください。

マルバツゲームのルール
特にありませんので、記載は割愛させていただきます。

●こだわる素材は広島県産ヒノキ

広島県の森林面積は612千haで, 県土(848千ha)の72%を占め ています。
民有林(私有+公有)の林種 別構成は,スギやヒノキの人工林とマツの天然林,広葉樹の天然林がそれぞれ約1/3ずつです。
そのスギ,ヒノキの人工林は, 主に戦後に植林されたもので す。
現在、人工林が成熟しこれから広島県産ヒノキが市場に出るのに伴い、再生可能社会の実現に貢献するべく、
広島県産ヒノキを採用いたしました。
ヒノキ風呂の香りは独特で、日本人に馴染みの深い樹種ですので、音楽と共に香りも楽しんでいただければ幸いです。

*******************************************************************************

ヒノキ 【檜・扁柏】 Hinoki cypress
ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹
学名 : Chamaecyparis obtusa
日本特産種で、本州中部から四国、九州を経て屋久島に分布。
辺心材の差ははっきりしないことが多く、辺材は淡い黄白色、心材は黄白色ないし淡紅色。
木理は通直で均質。狂いが少なく、加工性は良い。耐湿、耐水性が良く、保存性が高い。 肌目は精で、
表面を上手に仕上げると特有の光沢を出すことが出来る。
気乾比重 : 0.41~0.45
寺社建築をはじめ高級建築材として使われるほか、造作材、建具材、家具材、曲物材など幅広く用いられる。
木曾檜は尾州檜の名でも有名。また、特有の芳香を放つ。
ヒノキは、この木を擦り合わせて火をつけたことから由来する。
台湾に類似種のタイワンヒノキ(台檜・タイヒ)があるが、ヒノキより重硬で脂(ヤニ)分が多い。
ちなみに、中国語で「檜」は、ビャクシン(イブキ)のことを指すようです。
英語では、ジャパニーズサイプレス (Japanese Cypress) と呼ばれる。

*******************************************************************************

●ビリアード台に使用されるベロアを採用!

弊社デザイン雑貨に使用されているベロアは、ビリヤード台に使用されている最高級ベロアです。
最高級の素材を使用する事これもLIFEの【こだわり】の一つです。

●食品衛生法適合の硬化剤を使用


木のお椀やお皿などに使用されている高価な硬化剤で、木の動きを抑制するために導管を埋めています。
口に入れても安全な【食品衛生法】に適合していますので、人の身体にやさしい木製品としてご利用頂けます。

●撫でたくなる最高の手触り


塗装による質感の変化を避ける為、弊社製品は塗装を行わず、手で磨き上げて、最終仕上げる事に【こだわり】を持っています。
最高級の質感をお楽しみ下さい。

●天然木/無垢の削りだしって何?


弊社の商品は全て、木の板を削って商品化しています。
天然木の無塗装品にこだわるのは、ご利用頂くと徐々に、色合いや風合いの変化を肌で感じられるからです。
皆様に無垢趣向品の楽しみを味わって頂きたい。
これもLIFEの【こだわり】です。

【ギフトラッピング】

ギフトラッピングをご希望のお客様は下記バナーをクリックして作品と一緒にご注文ください。
GiftWrapping

【ご購入前/お取り扱い注意事項について】

LIFE作品は木製品となりますので、下記URLの注意事項をご一読お願い致します。
UP

【商品詳細】

製品名: マルバツゲーム(Tic-Tac-Toe)
素 材:広島県産材ヒノキ
外 寸:
盤:幅148mm×長さ148mm×厚み15mm
〇:幅38mm×長さ38mm×厚み8mm
×:幅45mm×長さ45mm×厚み8mm
※寸法誤差±0.5mm
重 量:
盤:210g前後
駒:6g×10個⇒60g前後
合計:270g前後

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
NEW オススメ
商品名 特注 HINOKI マルバツゲーム(Tic-Tac-Toe)
商品コード marubatsu_hinoki
価格 11,000 円(税込)
発送日目安 1週間以降
ポイント(会員様限定) 500 pt
個数
在庫  有り
在庫の詳細を見る

*完全受注生産となりますので、返品は受け付けておりません。ご了承ください。
このページのトップへ